SSブログ
前の10件 | -

エビフライ定食 @さかなや [茨城定食巡り]

EBI_123345.jpg

茨城県阿見町、 お食事処「さかなや」さんでランチ。
エビフライ定食(800)をいただきました。

主役のエビフライは3尾。結構大きいな。
千切りキャベツの山にどんどんどんと直立、盛り付けが良い。
エビ、アジ、カツのミックスフライ定食(750)と迷ったけど、納得。
尻尾の先までコロモがついてサクッと、中身はやわらかな噛み応え。
揚げたてはいいよね、やっぱり好き、でも海老ですからね、
脂がたっぷりのっているわけではなくて、あっさりしてる。
おじさんにはシーフードが合っているのかも知れない。
中濃ソースとレモンで味の濃淡をつけて、キャベツで後追いしていく。
まぁ普通の味付け、普通の食材でもね、お値段を考えたらこれで十分。
小鉢にはきんぴらごぼうと大根のお新香。イチゴ一粒。
豆腐のお味噌汁に、どんぶりご飯。家庭的な食事がホッとする。
自炊しているけど、正直揚げ物は嫌だから、外で食べたくなる。
ちなみに初回はカキフライでした、年一回のペースでした。
たまにほしくなる定番な献立ってあるよね。ご馳走様でした。



nice!(31)  コメント(0) 

チキン竜田揚げ @Kitchen Gon [茨城定食巡り]

tatsuta_130229.jpg

藤代駅にある洋食屋、キッチンゴン(Kitchen Gon)さんで再訪ランチ。
チキン竜田揚げ(自家製タルタルソース添え)をいただきました(1000)。

チキン竜田揚げは、から揚げのような一口サイズではなく一枚肉。 
7枚ほどにカットされ、その上にタルタルソース、青のり等で派手。
カリッとしたクリスピーなコロモ、鶏もも肉の適度な脂と弾力性。
下味に塩味がついているけど、タルタルソースでダメ押しする。
タルタル好きにはたまらない濃厚さ。背徳感も少々ある。
なんとなくチキン南蛮に似てるかな?食感は違うけど。
パンにはさめばチキンタツタになるね、そのまんまだけど。
玉子とわかめのスープも多めに注がれて、オマケではないのが良い。
サラダやスープでお口をリセットしつつ、竜田揚げ⇔ご飯のパターン。
美味しかったぁ、あっという間に食べちゃった、ご馳走様。

話変わるけど、、、


nice!(37)  コメント(0) 

汁米粉と魯肉飯と回鍋肉 @香味 / 謝謝ラーメン [定食巡り]

ru_142816.jpg

新橋駅の近く、台湾料理の香味さんでコンサート前に腹ごしらえ。
汁米粉と魯肉飯(1000)をいただきました。

店員さんに麺類と丼もののセットを勧められたのでセットにしました。
が、どちらもお茶碗サイズで、なんか思ってたのと違った。
魯肉飯(ルーローハン)は甘辛いソース、豚の角煮・叉焼、高菜、煮卵。
お肉はよく煮込まれてやわらかく、八角の香り、味がよく染みてる。
タレがごはんと絡まって、高菜と一緒に食べると、すごく美味しい。
汁米粉の具材は、海老、ひき肉、煮卵、ニラモヤシ、フィッシュボール。
ビーフンだからか、スープが薄くて、非常にあっさりとした風味。
五香粉?桂皮のような香りがする薬膳スープのような後味。
うすいおつゆでソーメン食べてる感じがしちゃって、
これだと魯肉飯に負けちゃうね、組み合わせ失敗です。(^-^;
カラダに優しそうだけど、腹八分目かな、もう一品欲しいところ。
初志貫徹で普通サイズの魯肉飯の方が良かったかな。



hoi_193214.jpg

東京国際フォーラムから徒歩7分、謝謝(シェシェ)ラーメンさん。
やっぱりお腹は空くもんで、コンサートの合間に腹ごしらえ、其の二。
夕飯に、回鍋肉(定食 950)をいただきました。

回鍋肉は豚肉とキャベツ、ピーマン、タケノコ。
豆板醤と甜面醤で黒光り、アツアツシャキシャキとした歯応え。
お肉と野菜が同等量で、野菜の香ばしさに豚肉のコクで旨辛。
お肉がちゃんと主役の存在感、よくある野菜炒め風ではありません。
ちょっと考えれば当たり前のことなんだけど、嬉しくなっちゃった。
お店によって随分変わるんだね、回鍋肉で違いが判るのかも。
別皿の餃子×3も味覚が単調にならないので良い、ご飯が足りないくらい。
中華スープで〆、ホント美味しかった、ご馳走様でした。

来年また「ラ・フォル・ジュルネ」の際にお世話になりそうです。


nice!(33)  コメント(0) 

魂柱と鞴と鞴と声帯 @ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2024 [Classic]

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2024 @ 東京国際フォーラム(2024/05/03)

2024年のテーマは、音楽の「オリジン(起源、ルーツ)」に立ち返ります。
世界のあらゆる国々の作曲家たちをインスパイアしてきた様々な音楽の伝統に、
スポットライトを当てます。だそうです、1日目だけ参戦しました。

No.113 スマートな天才の静かなる革新
ワーグナー:ジークフリート牧歌
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
ソリストアンコール / J.S.バッハ:ガヴォット
 辻彩奈(ヴァイオリン)、兵庫芸術文化センター管弦楽団指揮、
 クリスティアン・アルミンク(指揮)

No.114 精密な音は愛と共に自らのルーツへ
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
ラヴェル:ボレロ
 萩原麻未(ピアノ)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、齋藤友香理(指揮)

No.113 はワーグナーとメンデルスゾーン。
凄く丁寧に、奥ゆかしく音を奏でている印象を受けた。
優しい音色に包み込まれて、穏やかな気持ちになる。
ヴァイオリン可愛かった、拍手喝さいに応えてアンコールも演奏。
アンコール後も続く拍手に苦笑い。勘弁してやれよ。
No.114 はラヴェルの世界に没入する。
バスク民謡を彷彿させるメロディは、変則的かつジャズっぽさもあり妖艶。
掴み処のないのが良い所。トドメのボレロはいつ聴いてもスカッとします。
大ホールが全席完売で大したもんだ、やっぱりラヴェルは人気あるよね。

20240503_152731.jpg



No.126 魂柱と鞴と鞴と声帯
新倉瞳(チェロ / 魂柱、コンチュウ)、佐藤芳明(アコーディオン / 鞴、フイゴ)
チャラン・ポ・ランタン(唄とアコーディオン / 声帯と鞴)
【曲目】 
ヴィヴァルディ: チェロ・ソナタ第5番 ホ短調 RV40 から 第1、2楽章
チャラン・ポ・ランタン:内緒の唄
クレズマー・ヒストリー・メドレー:
 ニグン~オデッサ・ブルガリッシュ~コロメイカ~コロプチカ
クレズマー・インスパイア・メドレー:
 プロッホ「祈り」~チャラン・ポ・ランタン「マジシャン」~佐藤芳明「ヨールヨール」
イディッシュ民謡メドレー:長靴~ドナドナ~アレプリダー
モノー:愛の讃歌(チャラン・ポ・ランタン バージョン)

お目当ては No.126。
チャラン・ポ・ランタン、新倉瞳、佐藤芳明、一夜限りのカルテット。
この枠の常連だった渋さ知らズは卒業したのかな?
持ち曲が多すぎてて、なんだかごちゃごちゃした編曲だった。
トークも交えた進行もぎこちなかったが、クレズマー音楽の勉強になった。
それでも女性三人歌えて、歌ものは抜群で、替え歌が面白かった。
可笑しみの中にいぶし銀の輝き、応用利くアコーディオンの巧みさ発見。
伴奏も主旋律もなんでも出来てしまうのね、チェロの音色とも相性良好。
アンコールの「愛の讃歌」は悪戯っぽく絶妙に、凄すぎる唄の声量。
姉妹のパフォーマンスがまるでディナーショーみたいでした。
結局は惹きこまれてしまって、あっという間の45分でしたね。

20240503_175742.jpg
本番前にラジオ出演しているのを偶然目撃。キャラが独特。



nice!(31)  コメント(0) 

山菜てんぷら定食 @イースト・ロード [茨城定食巡り]

san_131028.jpg

つくば牛久ICの近く、気になっていたイースト・ロード さんでランチ。
数ある定食類はどれも600円で魅力的、でも今回はお店入り口に書かれていた、
山菜てんぷら定食(800)をいただきました。

天ぷらは注文からしばらく待って到着。注文してから揚げてる証拠。
副菜類は、きゃらぶきとキュウリの香の物、アサリの味噌汁、ごはん。
メインの山菜は、えぐみと苦味が少々、独特な香り、大人の味。
天然の緑が鮮やか、野性的というか、新鮮な草喰ってる感覚。
一番大きいのはこしあぶら?くるくる巻いたのはココミ?
たらの芽はなんとなくわかるけど、謎です、判別できません。(^-^;
タケノコの歯応えがコリコリして印象的でした。野菜の天ぷらはハズレなし。
山菜をこんなに食べたの初めて、思ってたよりずっと美味いんだな、
とにかく山盛りでスゴイボリューム、食べきれるかどうかギリギリでした。
注文時にご飯の量を訊かれたけど、普通にして正解。ご馳走様でした。

san2_132652.jpg
春を感じる定食でした。気さくな雰囲気の食堂。カーナビに登録しましたよ。




nice!(36)  コメント(2) 

スパイシーハンバーググラタン @洋風居酒屋 シャフラン [茨城定食巡り]

spi_131802.jpg

洋風居酒屋 シャフラン さんでランチ。
スパイシーハンバーググラタン(ライス、サラダ、スープ、ドリンク、1000)をいただきました。

鉄フライパンに乗ったハンバーグは厚みがあって立派で、
十分に火が通ってアツアツ&フカフカしている、独特な食感。
スパイシーの正体はコショウの辛味、刺激があとからやってくる。
ベーコン、トマト、ポテト、オニオンなど周りに盛沢山。
ハンバーグ全体にかかったチーズはこんがりした良い焼き具合、
ペンネの代わりにハンバーグ、ホワイトソースの代わりにデミソース。
確かにグラタン風のひと手間かけた作り方、独創的なハンバーグ。
デミソースのややビターな味わいに焼きチーズが加わって、
ベーコン、トマト、ポテトとすごく相性が良い、ここも美味しい。
グリーンサラダ、白菜の入った玉子スープはお口直しになります。
思いがけない料理に巡り合うと、また行ってみようってなりますよね。
いつも道路が渋滞しているのが難点ですが。ご馳走様でした。

spi2_133337.jpg
ドリンクはココアにしました、ミルクの自然な甘さ。
普通なんだけど、どこか懐かしい、沁みるなぁ。


nice!(32)  コメント(0) 

ソースかつ丼 @レストランQ [定食巡り]

skd_132946.jpg

上野の隣駅、鶯谷の近く、下町の味 レストランQ さんでお昼ご飯。
ソースかつ丼(900)をいただきました。

洋食屋さんのどんぶりものが好きなので注文してみた。
パン粉がつんと立つような揚げ方のカリサクとした歯ごたえ、
火が入っているのであまりジューシーさはありませんが、
お肉の旨み、そのままでも美味しいけど、やはりソースが決め手。
カツにかかっているソースの正体はデミグラスソースでした。
デミグラスソースは甘めで懐かしい味わいです。下町の味ですかね。
お肉の下にはモヤシニンジンの炒め物が敷き詰められている。
カツだけでなくデミグラスソースと野菜炒めって相性良いんですね。
美味しい&意外性にちょっと驚き。お味噌汁と共にご飯がすすみます。
付け合わせはカニカマと薄切りサラダ。沢庵の細切り。
この辺は適当でもよいか、家庭的な一皿でした。ご馳走様でした。


話変わるけど、、、


nice!(34)  コメント(0) 

酢豚(上海風)@味菜 [茨城定食巡り]

subuta_120147.jpg

取手市民会館の近くの中華料理店、味菜(あじさい)さんでお昼ご飯。
お薦め中華定食(松/竹/梅/味菜)の中から、
竹の酢豚(上海風)をいただきました(ライス スープ 小鉢 お漬物 950)。

メインの酢豚は色合いが良くて、お皿に盛り沢山。
豚肉がゴロゴロと、玉葱、筍、人参、ピーマン、キクラゲ等、どれも大きい。
野菜の歯応えがあり甘く感じる、渋み、えぐみ、苦みはありません。
炒め具合がプロの技、適度な酸味で爽やかな、大袈裟に言うと軽さを感じる。
こってりというより優しい味付けでとても美味しい。
小鉢はミニサラダとお新香、そして麻婆茄子。色々ついてきた。
麻婆茄子は辛さ控えめでこちらも優しい味わい、メインがふたつあるみたい。
スープは鶏ガラの中華スープ、懐かしい中華そばの出汁。
これ飲んだらラーメン食べたくなってくる。チャーハンにも合いそう。
副菜もちゃんとしている、お肉と野菜どちらも豊富、栄養補給できました。
結構本格的な中華定食でした、ご馳走様でした。

それからあたしが言うのもなんだけど、接客が良いな、ご主人の人柄が温まる。
なんだかんだ言って、中華料理店の選び方ってこういうところかしら。


nice!(35)  コメント(0) 

オーケストラの日 2024 [Classic]

オーケストラの日 2024 @ 東京文化会館 2024/03/31

3月31日はミミにイチバン! 「オーケストラの日」。
今年もオーケストラの日祝祭管弦楽団コンサートへ行きました。

まずはスメタナの代表作、モルダウでがっちり鷲掴み。
現在ではチェコ語のヴルタヴァ(Vltava)と呼ばれるそうです。
かつては母国語禁止だったとかで、今の小中学校ではチェコ語で習うみたい。
改めて聴くと、雄大で繊細、あのメロディはいつまでも耳に残るよね。
続いて、グリーン・スリーヴスによる幻想曲。
この曲は焼酎のCMに使われてたっけ?哀愁と懐かしさを感じる。
実はイギリスの民謡なんですね、知らなかったことばかり。
そして日本の民謡を詰め込んだ、管弦楽のためのラプソディ。
外山雄三氏と指揮者の梅田さんは共に仕事をしていたそうで、
音楽に向き合う姿勢が非常におっかないという逸話。
ラプソディの楽しさ同様、今回のMCはなかなか面白い。
後半のメインにはホルストの惑星から4楽曲抜粋して演奏。
「木星」以外は初めて聴いた、天体と神話、宇宙を想像してみる。
色彩豊かな曲調、総勢100人からなる大編成ならではの圧倒感。
思った以上に素晴らしい、生演奏を聴いて気分転換、ガス抜きです。

演奏:オーケストラの日祝祭管弦楽団
(首都圏13楽団+富士山静岡交響楽団)
指揮:梅田 俊明
コンサートマスター:戸澤 哲夫
司会:江原 陽子

【曲目】
スメタナ:連作交響詩「わが祖国」より第2曲 「モルダウ」
ヴォーン・ウィリアムズ:グリーン・スリーヴスによる幻想曲
外山雄三:管弦楽のためのラプソディ
ホルスト:組曲「惑星」より 火星 / 金星 / 水星 / 木星
アンコール / 民謡ふるさと

20240331_142642.jpg
20240331_144316.jpg
東京文化会館の五階席が、いつもの定位置です。


nice!(34)  コメント(0) 

豚キムチ鍋定食 @串焼BAR 千草 [茨城定食巡り]

bk_132516.jpg

食彩厨房れすとらん しょうぐん さんが臨時休業だったので、
すぐ近くの串焼BAR 千草さんへ初訪問、居酒屋ランチです。

メニューの左上、おすすめ、豚キムチ定食(950)をいただきました。
他のメニューも800~900円前後、でも別途消費税がかかるみたいで、
微妙に値上がりしているのかしらね?しょうがないか。(-_-;)

おぼろ豆腐はするっと口溶け、大豆の風味を感じる。
ほうれん草と油揚げのお味噌汁はお椀に十分な量で本物。
お新香(カブ/ニンジン/キュウリ)は塩分控えめでサラダみたい。
副菜類がちゃんとしている、バランス良い一汁三菜の献立。

主菜の豚キムチ鍋は、豚肉、豆腐2、斜め切りのネギどっさり。
エノキ、豆もやし、ぜんまいなど、いわゆるナムルもどっさり。
一番下に白菜キムチ、ニラと白ゴマがふりかけてある。
お肉よりも豆腐や野菜が多くてカロリーは見た目より低そう。
でもご飯お代わりしちゃったよ、スープが美味いんだよ。
丁度よい辛さと旨みが全部スープへ集約されている。
ご飯2杯目は半分でといったのに、ご飯一膳分盛られていた。
お腹パンパンでちょっと後悔、やってしまった感。(^-^;
たまに選ぶ辛口料理は食べ過ぎちゃうね。ご馳走様。



nice!(35)  コメント(0) 
前の10件 | -